「婦人公論読書会」おんなとおとこの工夫、生涯を連れ添うために!

「婦人公論」を中心に読書会をやっています。昨今、男女の出会いも難しいですが、結ばれてからも難しい。つまり結婚はしたものの、生涯を連れ添うのは、実はかなり難しいもの。
読書会の目的は、そんな結婚の現実の中でも、なんとか「添い遂げる」工夫を学び、創出すること。離婚も選択肢ですが、ちょい横に置いておきます。

次回開催のお知らせ new

日 時 : 2019年7月27日(土)13時00分〜15時00分
会 費 : 500円(資料代)+飲食代

 ★パンケーキのお店 初登場♪  「プリマヴェーラ」 cafe & pancakes
定休日 水曜日、第1・3火曜日
JR阿佐ヶ谷駅南口から徒歩10分
(パールセンター協会方向へ青梅街道手前、右)
東京メトロ南阿佐ヶ谷駅から徒歩5分
阿佐ヶ谷南1-10-9 luce 1F
tel 03-6385-2621



読書会報告 :6月9日 第6回婦人公論読書会

「第6回婦人公論読書会  おんなとおとこの工夫 生涯を連れ添うために 」
★テキスト: 現代のエスプリ 2005年5 臨床の語用論 I 編集 長谷川啓三
☆参加者 :6名 (男性2名 女性4名)
★参加者の感想
同期の家族相談士同志のお誘いで阿佐ヶ谷駅至近「カフェ・ド・ウイング」 落ち着いた空間での読書会へ初参加させて頂きました。2階の窓からロータリーを眺められる店内は、昭和レトロな薫りを感じさせる喫茶店でした。
長谷川先生とお目にかかるのは一昨年の家族相談士講座と授与式以来3度目でしたが、私にとって協会理事長でブリーフセラピーの長谷川先生は雲の上の様な存在なので、阿佐ヶ谷駅に到着した時の緊張はマックス。入口で事務局の森友さんが温かく迎えて下さり救われました。
読書会は長谷川先生の「婦人公論に記載されていた<卒婚>を皆さんどう思われますか?」という聞き慣れたお題の声掛けから始まり、構えていた肩の緊張も少し解れました。
多様な意見が参加者の先生方から出て、参考になり新たな視点が得られました。
今回の読書会のメインテーマは、先生の編集著書現代のエスプリ臨床の論用語@から「万葉集」と「古今集」に見る笑い、でした。
万葉集がまさか!カウンセリングの参考になるとは想像もしていませんでした。万葉集は奈良時代の庶民の本でありユーモアに溢れており、文に隠れたユーモアが満載であるとの事。
そんな視点から万葉集を見た事は全く無かったのでとても新鮮でした。
途中、世界三大美女の話題となり、「クレオパトラと楊貴妃は世界の人は知ってるだろうが、小野小町は知らないのでは?」と談笑にもなりました。平安時代の待つ女論から現代の卒婚まで女性の生き方にまで論は広がりました。
読書会は予想を遥かに超えた寛容な学舎でした。長谷川先生を始め先生方が解り易くお話し下さいます。来月以降の読書会も可能な限り参加したいと思っています。次はどんなお店が会場になるのか、そちらも楽しみです。これからもどうぞ宜しくお願い致します。多謝。 (C.T)

line

☆今回の会場のご案内 「カフェ・ド・ウイング」
年中無休  AM10:00〜PM11:00 tel 03-3391-0080
(JR阿佐ヶ谷駅南口ロータリー 亀屋万年堂の2F)

☆落ち着いた店内で2階のウインドから眺める景色は
 いつもと違う阿佐ヶ谷駅が楽しめます〜♪



line


読書会報告 : 5月11日 第5回婦人公論読書会

「第5回婦人公論読書会  おんなとおとこの工夫 生涯を連れ添うために 」
★テキスト: 婦人公論 1989.5月号   ☆初の夜会(18:30〜20:30)開催
   (1)「親戚としての天皇ご一家を思う」 池坊保子
   (2)「天皇の逝去で感じた日本のフシギ」4名の女性の対談
    (マリアン岡田、フランソワーズガリク、イザベルボーマン、サンドラ森)
   (3)「初婚と再婚のセクシャリティ」 小倉千加子、時実新子対談
★参加者 :6名 (男性2名 女性4名)
★参加者の感想
"ブリーフセラピー"という言葉に興味を持ち長谷川先生の講座に参加しました。
その講座の中で「読書会」「婦人公論」「阿佐ヶ谷商店」というフレーズに、正直頭の中で混乱していました。今回は講座終了後の18時30分から「読書会」が行われるということだったので参加を決めました。素敵なアクセサリーや器が並ぶ「ひねもすのたり」というお店に、長谷川先生他男性1名、女性4名が集まり始まりました。
1989年の「婦人公論」の記事はじめ沢山の文字の書かれたコピーを頂き え?これ今読み合うの??漢字読めるの?? と内心焦りました。記事についての長谷川先生の見解をお話して頂きました。一番印象に残ったのは、平成天皇がご退位なさったことで家族システムが動き、令和の天皇が新しい家族のモデルを作っていくのではというお話しでした。
私たち一人、一人の意見や話しを聞いて頂き、またその内容を分析して頂ける心地よい時間でアッという間に2時間が過ぎてしまいました。
"夫婦が添い遂げる難しさ"をまだ実感していない私には、夫婦、男女について学ぶべきことが多く、参加された皆さんのお話も勉強になりました。ありがとうございました。
「読書会」「婦人公論」「阿佐ヶ谷商店」というフレーズに興味を持たれている方は沢山いると思います。開催日時(土曜の昼間希望です)を色々と考えて頂くと参加しやすいと思いました。  (N.S)

line

★今回の会場 「 ひねもすのたり 器とcafe 」
tel 03-3330-8807  http://ひねもすのたり.com
月〜水12:00〜18:30 木18:30〜23:30 金・土12:00〜23:30 日曜定休
(JR阿佐ヶ谷駅北口徒歩1分 和菓子「うさぎや」さんの2軒手前の2階。)
☆お洒落な器と美味しい食事、素敵なママがいてくださいます(^_-)-☆


line


▼ 過去の記事(クリックで展開します)▼